LISCR JAPAN LIBERIAN REGISTRY IN JAPAN リスカジャパン株式会社
English LISCR.COM 
MARINE NOTE/ADVISORY
リスカジャパンのサービス
法人設立・登録手続き
抵当権登記手続き
船籍登録・手続
“船舶関連その他手続き
船員手帳・海技免状
法規集・書籍類・資料一覧
サポート
トン税計算
セキュリティレベル
緊急連絡先
電子証書の有効性確認
よくあるご質問(FAQ)
リスカジャパンへのお問合せ
 
各種検索登録
English LISCR.COM
システムのご使用方法
 
HOME > リベリア登録の評価と実績 > > 自国登録又は他の自由置籍(OPEN REGISTRY)との比較
リベリア登録の評価と実績
長い歴史と実績につちわれた安全性・運用環境はもちろん、法・税制面等で多くのメリットがあります。
 INDEX  リベリア登録の評価と実績自国登録又は他の自由置籍(OPEN REGISTRY)との比較
自国登録又は他の自由置籍(OPEN REGISTRY)との比較
 リベリア登録と自国登録又は他の自由置籍(OPENREGISTRY)を比較し、リベリアで登録した場合の船主や船舶マネージャーの特典を以下簡潔にまとめました。
 

VESSEL CONTRUCTION (建造)
IMAGE リベリア登録は、船の建造国を問いません。建造に必要な建材に規制を設けていないので、船主は自分の能力、資力、経験、価格などの商業的判断で独自に造船会社を選択できます。

VESSEL MANNING (マンニング)
リベリア登録は適正、国際認識、安全運航に基づきマニング条件を規制しています。多くの自国登録は、自国船員の配乗を原則としています。これは、より高い賃金、労働経費・一般管理費の膨張、官僚的規制、労働組織組からの干渉を増進させる可能性があります。

HARMONIZED AUDITS(同時審査・検査)
リベリア登録は、ISM、ISPS Codesを指揮する熟達した審査官を国際的に配置されたネットワークを持つ業界で初めてかつ、唯一の自由置籍(OPENREGISTRY)です。これらISM、ISPSの重複する必要条件を調整・調和して、船主に便利、効果的かつ、費用効率の良い審査・検査サービスを提供しています。このリベリア登録のHarmonized Auditオプションプログラムを活用する事で、審査・検査査費用を削減できると同時に、船上の現場、オフィス船舶部の業務負担を軽減でき、船主はルールの条件の要件を満たすことが出来ます。

SHIP FINANCING(船舶融資)
リベリア登録の抵当権設定制度は国際的に認知され、多くの司法管轄地の銀行に受け入れられています。それにより、船舶所有者は最も好ましい融資を得る機会が多くなります。

top ページTOPへ

EASE OF REGISTRATION(簡単な登録手続き)
事前の登録手続きは、安全とドキュメンテーションに関する国際基準を満たし、本船の円滑運航を妨げず、ユーザーに親しみやすいものになっています。登録業務スタッフは、登録過程でサポートし、登録手順を説明していきます。裸用船の登録と脱籍も可能です、またリベリア登録から転籍を希望する船主に対する規制はありません。

ASSET PROTECTION / OWNER SHIP FLEXIBILITY(資産保護/所有件の柔軟性)
多くの自国登録とは異なり、リベリア登録は資産保護の必要性を認め、積極的にその機会を保護しています。リベリア会社登録(CORPORATE REGISTRYOFLIBERIA)は、単一目的会社の使用と保持を認めています。同様に、リベリア会社登録(CORPORATE REGISTRYOFLIBERIA)は、船舶所有形態の多様なニーズに応えるため、特定の船主の選択を確実なものとする柔軟な会社登録の提供を継続的に行っています。

TAX SENSIBLE JURISDICTION(税を考慮した司法権)
リベリア登録船は、毎年、本船の純トン数に基づく固定額が課税されます。同様に、リベリア会社は、年間の固定額が課税されます。会社運営費と利益に係る税金はありません。

DOUBLE TAXATION TREATIES(二重課税条約)
二重課税は、リベリアと殆どの国家間締結条約により、殆ど全ての主な海運事業分野で回避されています。

top ページTOPへ

ACCEPTABLE FLAG FOR EU TONNAGE TAX SCHEME
(EUトン数課税制度に適合した旗国)

リベリアFLAGは、英国、ドイツ、オランダの税制を含むEUで現在提案中の新トン税制度が認める選択肢の一つです。

DEPRECIATION PRINCIPLES(償却の原則)
海運は、資本集約的な投資が行われる必要があります。海上輸送需要と市況変動により、多くの船主が、利益なしで何年も過ごす事があります。代替する司法管轄との認知で、リベリア登録は多くの自国登録では保障されていない償却方法を提供します。これは、同様に、損益に関する報告の柔軟性を認めています。

VESSEL SURVEY(検船)
リベリア登録は、船級規則と国際基準が要求する規則に一定の重複部分があるとの認識を持っています。船級協会は世界中の船の検船を担い、船体構造と技術的な専門知識の基礎となっています。リベリア登録は、認定した船級協会に通常の船級協会の検査時、法律で定めたあらゆる調査を実行する権限を与えました。認定を得ている船級は、特定の国の船級に制限されません。これは、船主にとって、コスト削減、お役所仕事の減少、本船運航/スケジューリング上の柔軟性に繋がります。

CUSTOMER SERVICE(カスタマーサービス)
リベリア登録は、アメリカ合衆国が所有し、シッピングを熟知したその分野のプロによって運営されている会社が経営管理しています。官僚主義を排除する一方で、リベリア登録は、顧客の立場と政策実施との適切な調和を見出しました。同様に、テクノロジーへの投資は、優れたサービスと便宜性を確実なものにしています。さらに必要に応じ本船に乗船できる220人以上の船舶検査官のネットワークがあります。

top ページTOPへ

SAFE AND QUAL ITYREPUTATION(安全で良質な評判)
引き続き、保険アンダーライター、PSC当局、海員の代表者、サルベージ各会社の全てが、リベリア登録が品質基準を保っていると認めています。これは、独立の統計レポートと同様、安全と事故防止の指標で、リベリアが平均以上のパフォーマンスを常に証明していることを意味します。

SECURYTY(保安)
セプテンバーイレブン(9/11)後の世界は、商業海上輸送と海事管理行政に対して新たな責任をもたらしました。リベリア登録は、IMOのISPSコード開発と実施の最先端でした。リベリア登録は、保安を意識した海運を確実にする実用的かつ低コストの方法があると信じます。必要に応じ、およそ100人の保安検査官のネットワークで本船対応をしています。

ADOPTIONANDEN FOR CEMENT OF INTERNATIONAL REGULATIONS
(国際規則の導入と施行)

旗国にとって、国連の国際海事機構(IMO)と国際労働機関(ILO)への参加は、立派に活動していることを示す重要な要素です。リベリア登録は、必要に応じて実用的な新しい規則の展開を確約することで国際的に知られています。同様に、リベリアは重要な条約を批准し、保安、汚染防止と海員の福利厚生を支持する国内法を制定して、これらの定めの公正な施行を保障しています。

LIBERIAN SHIPOWERS' COUNCIL(LSC) (リベリア船主評議会)
リベリア登録は、独立した船主評議会を持つ数少ない自由置籍登録の1つです。LSCは、海運産業が直面する問題を監視、処理するために、情報とアイデアの共有、交換の場を会員船主に提供します。LSCは、INTERNATIONAL CHAMBER OF SHIPPING、INTERNATIONAL SHIPPING FEDREATION(国際労働機関(ILO)で船主を代表する唯一の海員使用者側協会)のメンバーでもあります。このように、リベリア登録船の船主は、この主要産業で構成される評議会の価値あるサービスから利益を得ることができます。

PRICING(価格設定)
リベリア登録は、専門的サービスを低価格で提供します。最新テクノロジーの使用により可能となった蓄えは、リベリア登録のクライアントに還元されています。

top ページTOPへ
 
Copyright (C) 2016 LISCR JAPAN , All rights Reserved