LISCR JAPAN LIBERIAN REGISTRY IN JAPAN リスカジャパン株式会社
English LISCR.COM 
MARINE NOTE/ADVISORY
リスカジャパンのサービス
法人設立・登録手続き
抵当権登記手続き
船籍登録・手続
“船舶関連その他手続き
船員手帳・海技免状
法規集・書籍類・資料一覧
サポート
トン税計算
セキュリティレベル
緊急連絡先
電子証書の有効性確認
よくあるご質問(FAQ)
リスカジャパンへのお問合せ
 
各種検索登録
English LISCR.COM
システムのご使用方法
 
HOME > リベリア登録について > リベリア登録の海事プログラムの歴史
リベリア登録について リベリア船籍・会社登録につて
リベリア船籍・会社登録業務はリベリア共和国よりLISCR LLCに委託されています。
 INDEX  リベリア登録についてリベリア登録の海事プログラムの歴史経営理念アメリカ-リベリアの法律制度IMO活動全世界ネットワーク
リベリア登録の海事プログラムの歴史

 リベリア登録(1948年米国のエドワードステチニアス国務長官によって設立)は、最初の自由(Open)船籍と会社登録の一つです。過去60年間の、安全な海上輸送への確約の姿勢は変わることなく維持されています。

 リベリア登録は、外航船の安全、法の執行、登録に対して責任をもつ主権的海事司法(asovereign maritime jurisdiction)。リベリア登録は抵当、売買証書などの法的に執行可能な船と登録に関する同一認識詳細を確立しています。

 リベリア登録は、海の人命安全(SOLAS)、船による汚染防止(MARPOL); そして、Seafarers(STCW)のためのTraining、Certification、Watchkeeping規範を含む海事条約の執行にも責任を持っています。リベリア登録は並行的にリベリア会社登録事業も運営しています。それは、他の政府の会社登録サービスと同じような機能を持っています。

 設立当初から、リベリア登録は、アメリカ合衆国で運営されてきました。これは、米国とリベリア共和国の同盟関係をより強化して、リベリア登録が米国沿岸警備隊のような重要機関と国際的舞台に参加する能力を提供しています。

 リベリア登録の今日の成長は、その長い歴史を通して一流の船主で支えによるものです。それは"The Liberian Shipowners' Council"で知られた、独立した船主協会、International Chamber of Shipping のメンバーと言う数少ない自由置籍の一つでもあります。

Mr. Niarchos onboard the sister vessel, WORLD HARMONY And then came Aristotle Onassis and many, many other shipowners with their ships...
60 years later, March 11, 2009, the Liberian registry is
larger then ever with 2,991 vessels 88,792,990 gross
tons on the register. And, we are about issue official
number 14,300.

 
Copyright (C) 2016 LISCR JAPAN , All rights Reserved