LISCR JAPAN LIBERIAN REGISTRY IN JAPAN リスカジャパン株式会社
English LISCR.COM 
MARINE NOTE/ADVISORY
リスカジャパンのサービス
法人設立・登録手続き
抵当権登記手続き
船籍登録・手続
“船舶関連その他手続き
船員手帳・海技免状
法規集・書籍類・資料一覧
サポート
トン税計算
セキュリティレベル
緊急連絡先
電子証書の有効性確認
よくあるご質問(FAQ)
リスカジャパンへのお問合せ
 
各種検索登録
English LISCR.COM
システムのご使用方法
 
HOME > MARINE NOTE/ADVISORY
MARINE NOTE/ADVISORY リベリア船籍・会社登録につて
 過去の“Marine Notice”、“Marine Advisory”、“Marine Security Advisory”は、
本国ホームページより、ダウンロードすることができます。
  Marine Documents


  Marine Advisory: 05/2013   2013年11月7日付
 

米国カリブ海沿岸および北米排出指定海域における、IMOの海洋汚染防止条約
(MARPOL)Annex VI「船舶からの大気汚染防止のための規則」

※当Advisoryは、Marine Advisory: 10/2012の改訂版になります。

対象:船主 / 運航者

このAdvisoryは、すでに2012年8月1日より発効されている北米の排出規制水域(ECA)と、2014年1月1日より発効となる北米及びカリブ海の排出規制水域(ECA)を併合させたものである。

海域は、大西洋、カリブ海、プエルトリコ、合衆国バージン諸島、(諸島から、約50マイルまでの海域)を、合衆国およびカリブ海排出規制水域(ECA)と定め、 2014年1月1日よりMARPOL AnnexVIの13,14条に規定される窒素酸化物(NOx)硫黄酸化物(SOx)微粒子(PM)の軽減が適用される。

北米のECAは、以下の3区域に分けられます。

1.北アメリカ大西洋、メキシコ湾岸、

2.北アメリカ太平洋岸、

3.ハワイ周囲、

セントローレンス水路、グレートレーク、国際航海に従事する船舶の航行する河川(ミシシッピーなど)も含む。

MARPOL Annex VI の新しい付属書VII (appendix VII)には、合衆国カリブ海および北アメリカ海域の境界線が記載されています。合衆国カリブ海および北アメリカ海域の排出規制水域を、この添付1(Annex 1)に表示いたします。

詳しくは、こちらを参照ください。
Marine Advisory: 05/2013PDF

ご質問等ございましたら、遠慮なくお問合せください。
リスカジャパン
Tel: 03-5419-7001 / Email: info@liscr-japan.com

「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 
  Marine Advisory: 04/2013   2013年11月7日付
 

バラスト水交換時の危険性および注意

対象:船主 / 運航者

船主殿、及び、運航管理者殿、
バラスト水管理条約2004発効されるまで、及び条約の標準(Ballast Water Performance Standard )D-2が実行されるまでは、Resolution A.868(20)、及びMEPC.127(53)に基づくバラスト水管理書により、バラスト水の交換をするときに生じる危険性に対し注意をお願いいたします。

詳しくは、こちらを参照ください。
Marine Advisory: 04/2013PDF

ご質問等ございましたら、遠慮なくお問合せください。
リスカジャパン
Tel: 03-5419-7001 / Email: info@liscr-japan.com

「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 
  LISCR Note and Advisory by Date  2013年11月7日付
 
2013年以降発行のMarine Note/Advisory一覧

2013年以降発行のMarine Note/Advisory一覧PDF

さらに、一覧表の各Subjectから、Marine Note/Advisoryがダウンロードできます。

過去のMarine Note/Advisoryは、Online Library をご参照ください。


ご質問等ございましたら、遠慮なくお問合せください。
リスカジャパン
Tel: 03-5419-7001 / Email: info@liscr-japan.com

「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 
 Marine Advisory: 03/2013  2013年8月12日付
 
MLC2006発効に伴う適合検査

Subject:
INTERIM MARITIME LABOUR CERTIFICATES
Ref: (a) Marine Advisory: 01-2013 – Paris MOU Port States to enforce MLC, 2006
対象:船主 / 運航者 / 船長
全てのリベリア船籍は、MLC批准国のPSC検査官検船に備え、MLC適合の何らかの証書を確実に船内に保持するよう、お願い致します。
Marine Advisory 01/2013並びに本Marine Advisoryに添付のParis MOUのプレスリリースによると、Paris MOUは2013年8月20日より、全船対象にMLC適合検査を行うとの意向です。
また、MLC, ArticleⅤに明記されている条項“no more favorable treatment”に従い、旗国がMLCを批准しているか否かにかかわらず、条約は全船対象に施行されるため、旗国がMLC未批准国であれば、港で後れをとることが予想されます。
MLC批准国が発給した正式なMLC証書は、条約適合の明らかな証書として認められることになっています。保有するリベリア籍船において、未だにinitial又はinterimのMLC証書を発給されていない場合には、LISCRにその旨ご連絡されますようお願い申し上げます。

Paris MOU プレスリリース全文は、下記リンクよりダウンロードください。
原文はこちら/See the original Marine Advisory(PDF PDF:74KB)

MLC2006に関するご質問等ございましたら、遠慮なくお問合せください。
リスカジャパン
Tel: 03-5419-7001 / Email: info@liscr-japan.com

リベリア主管庁のMLC2006に関するFAQは、
よくあるご質問(FAQ)のページでご覧いただけます。

「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 
 Marine Security Advisory: 04/2013  2013年8月12日付
 
イエメン共和国海域にて、船舶安全レベルを2に設定

Subject:
Increased Ship Security Levels for Republic of Yemen Territorial Waters and Ports
対象:船主 / 運航者 / 船長
直ちに別途通知があるまでの間、イエメン共和国海域を航行及びその海域内の港に入港する全てのリベリア籍船舶は、船舶安全レベルをレベル2に設定してください。
イエメン共和国内に入港予定のあるリベリア船舶の船長は、船舶安全レベルをレベル2同等に設定し、SSPに基づいた予防措置を確保してください。ISPS A/5に基づく〝Declaration of Security (DoS) ” の作成要求も含まれています。
LISCRは、イエメン共和国の港で作業する全船舶を対象に、Ship Security Level 2同等の措置に加えて7項目の予防措置を行うことを推奨しています。詳しい追加予防措置内容は、原文を下記リンクよりダウンロードください。
各社におかれましては、このMarine Security Advisoryのコピーを各船長に配布くださいますようお願いいたします。

原文はこちら/See the original Marine Advisory(PDF PDF:95KB)

ご質問等ございましたら、遠慮なくお問合せください。
リスカジャパン
Tel: 03-5419-7001 / Email: info@liscr-japan.com

「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 
 Marine Security Advisory: 03/2013  2013年8月7日付
 
イエメン共和国海域にて、船舶安全レベルを3に設定

Subject:
Increased Ship Security Levels for Republic of Yemen Territorial Waters and Ports
対象:船主 / 運航者 / 船長
このレベル強化は、イエメン共和国の情勢及びテロ脅威の懸念に基づいて設定されています。
イエメン共和国内に入港予定のあるリベリア船舶の船長は、船舶安全レベルをレベル3同等に設定し、SSPに基づいた予防措置を確保してください。ISPS A/5に基づく〝Declaration of Security (DoS) ” の作成要求も含まれています。
各社におかれましては、このMarine Security Advisoryのコピーを各船長に配布くださいますようお願いいたします。

原文は下記リンクよりダウンロードください。
原文はこちら/See the original Marine Advisory(PDF PDF:95KB)

ご質問等ございましたら、遠慮なくお問合せください。
リスカジャパン
Tel: 03-5419-7001 / Email: info@liscr-japan.com

「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 
 Marine Advisory: 02e A/2013  2013年8月7日付
 
推進主機関及び補機に関する世界的集中検査キャンペーン
Subject:
Worldwide Concentrated Inspection Campaign on Propulsion and Auxiliary Machinery
対象:船主 / 運航者 / 船長
主要PSC MOU は2013年9月1日から11月30日までの3か月間、“Concentrated Inspection Campaign (CIC)”(集中検査キャンペーン)の実施を発表しました。
CIC は、“SOLAS Ⅱ-1章/構造‐構造、区画及び復原性並びに機関及び電気設備”の適合に焦点を当てたものとなります。また、主要なPSC MOU以外のMOUであっても同様の検査が行われる可能性があります。従って、船長及び船舶運航者は、世界中の港で同様な検査が行われる可能性を予期しておく必要があります。
PSC 検査官は、主機関及び補機の安全性確認の為に、保守記録等の関連文書の検証、並びに本体及び警報装置の作動確認を行う予定です。特に船員の安全及び緊急時に対する手順の習熟度を検証する模様です。
キャンペーン期間中、PSC 官は、パリ及び東京MOUが作成した質問用紙に沿って検査を行う予定であることから、LISCRは、当該質問用紙の内容に加え、船長が検査に十分に対応できるガイダンスを加えたチェックリストを作成しました。各船社におかれましては、キャンペーン開始の9月1日以前に、船長に上記チェックリストの利用を促進されるようお願いいたします。
PSC により記録されたDeficiencyは、それらが修正されるまでの間、Detentionにつながる可能性があります。また、Detentionの記録はIMOに提出及び記録されることにご留意ください。

Marine Advisoryにチェックリストを添付しておりますので、
下記リンクよりダウンロードください。
原文はこちら/See the original Marine Advisory(PDF PDF:95KB)

ご質問等ございましたら、遠慮なくお問合せください。
リスカジャパン
Tel: 03-5419-7001 / Email: info@liscr-japan.com

「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 
 Marine Advisory: 01/2013  2013年7月1日付
 
MLC2006発効に伴う適合検査
Subject:PARIS MOU STATES TO ENFORCE MARITIME LABOUR CONVENTION ON 20 AUGUST 2013
対象:船主 / 運航者 / 船長 / 船級協会
Paris MOU は2013年8月20日より、旗国がMLCを批准しているか否かにかかわらず、MLC適合検査を全船対象に行うとの意向です。
Paris MOUのメンバーかつ、MLCを批准していないPort Stateにあっても、ILO147に従った適合検査が行われる可能性があります。
原文はこちら/See the original Marine Advisory(PDF PDF:25KB)

リベリア船籍限らず、MLC2006に関するご質問等ございましたら、
遠慮なくお問合せください。
リスカジャパン
Tel: 03-5419-7001 / Email: info@liscr-japan.com

リベリア主管庁のMLC2006に関するFAQは、
よくあるご質問(FAQ)のページでご覧いただけます。

「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 
 Marine Advisory Note: 15/2012  2012年12月19日付
 
マレーシア海域で運航する船舶監督に対してのお知らせ
Subject:Notification to the Director of Marine of Activities engaged by a ship within Malaysian Waters

参照:
a)Section 491B of the Malaysian Merchant Shipping Ordinance 1952(ORD. 70/1952) :
b)Act 250, Federation Light Dues Act 1953

対象:船主、運航者、船長
マレーシアの法令に注意してください。
船主、運航者、船長は、船舶が、マレーシア海域で錨泊するとき、タンジュンぺルパス(Tanjung Pelpas) 及び、ジョホール(Johor)に到着、または港外にて錨泊するとき、マレーシアの官庁に通報すること、及び、灯台税(Light Dues)の情報に注意してください。

マレーシア沖で錨泊するとき、マレーシアの領海は、沿岸より12マイルであり、また、他国に近接しているところは、この限りではありません。

原文はこちら/Refer to the original text(PDF PDF:95KB)
「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 
 MARITIME SECURITY ADVISORY-05/2012  2012年9月7日付
 
課題:合衆国コーストガードは、テロ対策を、講じていない港湾に関しての、セキュリティーアドバザリィの改定を行いました。

参照:(a)USCG Port Security Advisory (1-12)-ATTACHED

対象:船主 / 運行者、船長、 改訂か所:合衆国コーストガードは9月18日より、合衆国に到着する、船舶に対して、添付の、Port Security Advisory(1-12)を、発行しました。Port Security Advisory(1-12)は、テロ対策を、講じていない、リパブリック・イエメンの港、が、最後の5港に入っている船舶に対して、対策を講じると、決定いたしました。
アドバザリィは、USコーストガードの、ポートセキュリティーにリストアップされている、国の港に寄港した船舶に適用され、これらの国の登録船舶には、関係いたしません。
過去の寄港5港のうちに、USCGのアドバザリィの項目Bの国に、寄港したすべての船舶は、海上でコーストガードの、船上検査が要求される。添付のアドバザリィの項目C.1からC.5に不合格になった場合、合衆国への入港の遅延、停止になる可能性があるます。

→続きはこちら(PDF PDF:100KB)
原文はこちら(PDF PDF:96KB)
「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 
 MARINE ADVISORY :12/2012  2012年8月24日付
 
海事労働条約の発効、 Subject:MARINE LABOUR CONVENTION ENTERS INTO FORCE

ILO(国際労働機関)は、8月20日、フィリピンが、海事労働条約2006(MLC 2006)の、30番目の、条約批准国になったと発表した。よつて、残りの条件は、12か月の、猶予期間だけである。

原文はこちら(PDF PDF:24KB)

「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 
 MARITIME SECURITY ADVISORY-11/2012  2012年8月13日付
 
防火設備に関しての、重点検査キャンペーン (Subject : Worldwide Concentrated Inspection Campaign on Fire Safety Systems Arrangements)
参考資料:
a)パリMOU,東京、MOU2012月1日、発表声明
b)インド洋MOU、2012年6月7日、発表声明
c)黒海MOU、2012年6月19日、発表声明

船主、運航管理者、船長殿、
主な、PSCMOUは、連携して、2012年9月1日より、11月30日までの、3か月間、重点検査キャンペーンを、行うと、発表しました。重点検査キャンペーンは、SOLAS Chapter II-2/Constructionの、船上での、防火、火災検知、消火設備、に関してです。その他のPSCも、同様なことを、実行いたします、したがって、各船は、各国の港で、この検査が予想されます。

原文はこちら(PDF PDF:49KB)
「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 
 MARINE ADVISORY :10/2012  2012年7月30日付
 
課題:MARPOL Annex VIによる、北米排出規制区域(ECA)、このMarine Advisoryを、Marine Advisory-08/2012と差し替える、
宛先:船主殿、運行者殿
合衆国およびカナダの排他的経済水域(EEZ)の海域が、2011年8月1日、2010年8月の、MARPOL AnnexVIの、規則13,14条に規定されます、窒素酸化物(NOx)硫黄酸化物(SOx)微粒子(PM)の軽減が、適用されます。 北米の排出規制水域(ECA)に侵入する船舶は、2012年8月1日より、低排出基準を適用されます。

→続きはこちら(PDF PDF:149KB)
原文はこちら(PDF PDF:513KB)
「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 
 MARITIME SECURITY ADVISORY-04/2012  2012年5月23日付
 
対策不備な船舶に対する海賊行為の増加
宛先:船主 / 運航者 / 船長
ソマリアの海賊はより断固たる態度でそのターゲットを選別。武装ガード乗船船舶の増加に伴い、ハイジャック成功率が減少。船員に対する危害の脅威を増大し、身代金要求額が増大すると予想。ソマリアベースの海賊は、多数で攻撃する戦術に変更。各船の海賊対策をテストし、武装ガードの存在を確認の為威嚇攻撃をする。ソマリア海賊は火器使用が増加、残酷度を増している。ターゲット船舶の防備不十分とみると、追かけ、多様な攻撃を仕掛ける。

→続きはこちら(PDF PDF:103KB)

原文はこちら(PDF PDF:39KB)
「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 
 MARINE ADVISORY :09/2012  2012年5月9日付
 
西インド沿岸海域の航海
(Subject : Navigation in Western Indian coastal waters )
船主・船舶運航者、
インド船舶局、局長発行の通達、
インド沿岸の航行に際し、漁船を海賊船と見間違いによる漁網等の損傷
商船が、漁船の曳航している漁網や漁具に近づくと、漁船は警報を発して商船の進路を変更させようとし、海賊船と見間違いされてしまう

→続きはこちら(PDF PDF:159KB)

原文はこちら(PDF PDF:228KB)
「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 
 MARITIME SECURITY ADVISORY-03/2012  2012年4月26日付
 
“Maritime Security Advisory-01/2011”は廃版とする
紅海、アデン湾、アラビア海、インド洋の高危険海域(High Risk Areas:HRA)を、航行する船舶の、登録、対海賊非常通報、非常通信資料の改定
Revised Registration, Reporting and Anti-Piracy Distress Calling, Emergency Contact Information for vessels transiting High Risk Areas of the Red Sea, Gulf of Aden, Arabia Sea and Indian Ocean

→続きはこちら(PDF PDF:162KB)

原文はこちら(PDF PDF:839KB)
「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 MARINE OPERATION NOTE 2/2012  2012年4月23日付
 
(Marine Operation Note 08/2010, 2010-12-10との差し替え)
海賊及び、武装強盗に対する最適防御方策のガイドライン
(Subject : Guideline for implementation of Best Management Practices and other Security Provisions relating to piracy and armed robbery)
対象:船主、運行者、陸上保安管理者、船長、
この通達は、アフリカ東岸、オーマン東方、セイシル、南紅海、を、航行する船舶に対する海賊及び、武装強盗行為を防止するために、IMOより発行された国際的なガイダンスである この海域での海賊及び、武装強盗行為が増加しており、船主/運行者、陸上保安管理者は海賊行為の防止のために、以下の項目を遂行してください

→続きはこちら(PDF PDF:129KB)

原文はこちら(PDF PDF:25.7KB)
「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 MARITIME SECURITY ADVISORY 7/2012  2012年4月26日付
 
“Maritime Security Advisory-01/2011”は、廃版(要約)
紅海、アデン湾、アラビア海、インド洋の高危険海域(High Risk Areas:HRA)を航行する船舶の登録、対海賊非常通報、非常通信資料の改定、 Revised Registration, Reporting and Anti-Piracy Distress Calling, Emergency Contact Information for vessels transiting High Risk Areas of the Red Sea, Gulf of Aden, Arabia Sea and Indian Ocean
→続きはこちら(PDF PDF:160KB)

原文はこちら(PDF PDF:840KB)
「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 
 MARINE OPERATION NOTE 2/2012  2012年4月23日付
 
(Marine Operation Note 08/2010, 2010-12-10との差し替え)
海賊及び、武装強盗に対する最適防御方策のガイドライン (要約)
 (Subject : Guideline for implementation of Best Management Practices and other Security Provisions relating to piracy and armed robbery)
対象:船主、運行者、陸上保安管理者、船長
この通達は、アフリカ東岸、オーマン東方、セイシル、南紅海を航行する船舶に対する海賊及び、武装強盗行為を防止するために、IMOより発行された国際的なガイダンスである。この海域での海賊及び、武装強盗行為が増加しており船主/運行者、陸上保安管理者は海賊行為の防止のために以下の項目を遂行してください。
→続きはこちら(PDF PDF:84KB)

原文はこちら(PDF PDF:26KB)
「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 MARINE ADVISORY 7/2012  2012年4月2日付
 
オイルコンテントメーターの細工により罰金750ドル、(要約)
 (Subject : BLINDING OIL CONTENT METER RESULTS IN $750.00 FINE In USA)
キプロス籍の船舶を運行する船会社2社は、2011年6月から10月16日の間に、その機関長がオイルコンテントメーターを清水で洗浄するという指示を出し不当に15ppm以上のビルジ排出防止策をしなかったとして750ドルの罰金を受けた。

原文はこちら(PDF PDF:134KB)

「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 
 MARINE SECURITY ADVISORY 2/2012  2012年3月29日付
 
ケニヤ、モンバサ港の、保安、及び、武装警備員、武器、弾薬の取り扱いに関して、(要約)
 (Mombasa, Kenya-Designated Security Zone and Handling of Armed Security Personnel, Firearms and Ammunition)
ケニヤ海事局はケニヤ水域の、最近の海賊行為の増加に考慮してモンバサ港での沖待を以下の区域でするように推奨しています。
A. POINT AA 南緯 04度 6.5分 ― 東経40度2.5分
B. POINT BB 南緯 04度23.5分 ― 東経 39度53 分
C. POINT CC 南緯 04度15.5分 ― 東経 39度38.5分
D. POINT DD 南緯 04度58.5分 ― 東経39度49 分
地域海事救援センターは、国内のすべての保安機関、必要に応じて海軍などと連絡を保ちながらこの水域の保安に重点を置いております。
武装警備員の乗下船、武器、弾薬の船舶への持ち込みには、ケニヤ海事局への14日前の事前通知及び、旗国の許可を義務付けております。

原文はこちら(PDF PDF:1.05MB)

「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 
 MARINE Advisory 6/2012  2012年3月16日付
 
ECDIS の信頼性(要約)
 (Subject : IHO ISSUES SAFETYNOTICE ON RELIABILITY OF ECDIS UNIT)
国際水路機関(The International Hydrographic Organization(IHO))が、15種類の異なる製造メーカーのECDISを使用している船舶の500件の使用報告を検証しECDISの信頼性に関する安全通達(safety notice)の内容は以下の通りです。

-型式承認を受けている機種の約3分の1は、期待通りの機能を発揮している。
-他の3分の1は水面下のすべての重要な物体の表示をしているが、それぞれに関して普段関係のないものについても危険表示が必要である
-残りの3分の1に関して、水面下の重要な物体に関して標準表示モードでは、表示されていない

原文はこちら(PDF PDF:266KB)

「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 
 MARINE OPERATION NOTE 1/2012  2012年3月2日付
 
中国寄港船の事前通知(要約)
 (Subject: Inclusion of Administration on Vessel Advance Notice of Arrivals for China)
最近、中国寄港船に対してのPSCによる検査及び、抑留船の増加が目立ちます。これらの検査対象船及び、抑留船を低減する為、中国港湾局宛て、及びLISCR宛てに事前入港通知を推奨致します。
船齢15年以上の船舶が、検査の対象になりやすく、抑留件数も顕著であるので、LISCRとしては、これらを低減する為に、入港前の添付リストによる自主入港前チェックの実施を推奨致します。

原文はこちら(PDF PDF:139KB)

「Marine Operation Note」の定期的なご送付が必要な方は
info@liscr-japan.com までご連絡ください。
top ページTOPへ    

 
Copyright (C) 2016 LISCR JAPAN , All rights Reserved