LISCR JAPAN LIBERIAN REGISTRY IN JAPAN リスカジャパン株式会社
English LISCR.COM 
MARINE NOTE/ADVISORY
リスカジャパンのサービス
法人設立・登録手続き
抵当権登記手続き
船籍登録・手続
“船舶関連その他手続き
船員手帳・海技免状
法規集・書籍類・資料一覧
サポート
トン税計算
セキュリティレベル
緊急連絡先
電子証書の有効性確認
よくあるご質問(FAQ)
リスカジャパンへのお問合せ
 
各種検索登録
English LISCR.COM
システムのご使用方法
 
HOME > サービス > 船籍登録手続き
 
 リスカジャパンは、LISCR米国本部と同様の機能を有しているため、
船籍登録は日本において完結します。

船籍登録・手続
 
 INDEX  新造船登録手続き既存船登録手続きその他必要な手続き
船籍登録タイムスケジュール
船籍登録時のその他必要な手続き
Post Closing / Technical Requirements at Vessel Registration
印刷用ページはこちらPDF
シップセキュリティ
1) Ship Security Plan (SSP)
※船級協会ではなく、リベリア主管庁(LISCR)自らが承認を行います。
□ 船舶安全評価 "Ship Security Assessment (SSAS)"(原本1部)を含む船舶安全計画
"Ship Security Plan (SSP)"(原本1部)を、リスカジャパン宛メールまたは郵送でご提出ください。
operations@liscr-japan.com

   
MLC2006
1) DMLC PartⅠ(発行申請)
□ 船級協会発行の居住設備に関する"ILO CERTIFICATE" または"Statement"(ドラフト
可)を添付し、DMLC PartⅠの発行(フリーフォームでの申請可)を、リスカジャパン宛メールで申請ください。

2) DMLC PartⅡ(承認申請)
※DMLC PartⅡは、リベリア主管庁(LISCR)自らが承認を行います。
□ DMLC PartⅡを作成し、リスカジャパン宛メールでご提出ください。なお、作成に当
たっては、"DMLC Part Ⅱ Review Questionnaire"を参照ください。
□ 提出にあたっては、船主裏書欄(最終ページ)にMLC責任者による署名・押印済みの
ものが必要です。また、DMLC PartⅡの承認の為に、下記の関連書類を添付ください。
a) SRPS License
b) CBA
c) The Employment AgreementならびにContract of Employment
d) Manning Agreement(船主/オペレーターとSRPS間)
e) P&I Certificate of Entry
(帰還、死亡・長期就業不能時の経済的補償を含むことが確認できるもの)
f) Table of Ship-Board Working Arrangements(Marine Notice MLC-003 Annex参照)
g) Daily Hours of Rest or Work
h) Medical Report(治療目的で上陸する船員のために船長が使用する書式)
i) Ship-Owners Complaint Handling Procedures (Marine Notice MLC-006参照)

 
無線関係
1) 無線証書 "Ship Radio Station License"
  □ 仮無線証書は、船籍登録日に船籍登録申請書[RLM-101A]に基づいて、90日間有効の証書が発行されます。
□ 本無線証書"Full Term Ship Radio Station License"に関しては、船籍登録日から90日
以内に、本無線証書申請書[RLM-104]の署名済みコピー1部をリスカジャパン宛メール
でご提出の上、本無線証書の発行を申請ください。直ちにリスカより発行されます。
RLM-104フォーム

   
2) LRIT証書 "LRIT Conformance Test Certificate"
  ※LRIT証書の発行は、リスカ米国本部が行います。

  □ 新造船の場合
  LRIT交信テスト実施後、信号を受領したリベリア公認のApplication Service Provider
(下記参照、以下ASP)がその旨をリスカに通知し、証書はリスカより発行されます。
LRIT交信テスト時、またはASPが信号受領を確認した時点で、LRIT証書の発行をリ
スカ宛メールで申請ください。
申請先:vesselcertificates@liscr.com

  □ 既存船(船籍変更)の場合
 
i) リベリア公認のASP以外のASPが発行した、またはそのASPに基づいて前旗国が発
行したLRIT証書を保持する場合、
INMARSAT稼働後すぐに、LRIT交信テストを再
度実施する必要があります。取り扱いは新造船の場合と同様です。

ii) リベリア公認のASPが発行した、またはそのASPに基づいて前旗国が発行したLRIT
証書を保持する場合、
リベリア公認のテスト機関によるLRITテストを再度実施する必
要はありません。船籍変更の通知(本船の船籍変更日を明確にして)をASP宛行って
いただければ、ASPからの通知を受けて、証書はリスカより発行されます。
船籍変更の通知と同時に、LRIT証書の発行をリスカ宛メールで申請ください。
vesselcertificates@liscr.com

※リベリア公認のASP
Pole Star Space Application Limited
lrittesting@polestarglobal.com
(T) +44 (0)207 313 7400
(F) +44 (0)20 7313 7401
TRANSAS Telematics Limited
lrit@transastelematics.com
(T) +44 (0)23 8045 8544
(F) +44 (0)23 8045 8733
Fulcrum Maritime Systems Ltd.
enquiries@fulcrum-maritime.com
(T) +44 (0)1708 788400
(F) +44 (0)1708 788402

 
リベリア船籍登録のタイムスケジュール

・ リベリア法人の場合 PDF
・ 外国法人(FME)の場合
PDF

 
 
Copyright (C) 2016 LISCR JAPAN , All rights Reserved