70年以上の歴史を有する、世界で信頼される船籍登録

リベリア船籍の歴史は、1948年に始まりました。以来70年以上にわたり、世界中の船主・オペレーター・管理会社の信頼を勝ち得てきたリベリア船籍の登録船腹量は、世界第二位の規模を誇ります。リベリア船籍は、登録船の運航サポートに注力しており、その結果、IMOや各国のポートステートコントロール主管庁をはじめ、様々な業界団体の評価において、ホワイトリスト掲載国の地位を維持しています。また、リベリア船籍は、国際海事機関(IMO)の創設メンバーとして、早くから世界の海運業界において、主導的な役割を果たしてきました。

きめ細かく迅速な旗国サービスの提供で登録船をサポート

リベリア船籍は、その船籍登録プログラムを米国の民間会社LISCR, LLCを通じて運営しています。LISCR, LLCは、リベリア共和国から一括して主管庁業務を委託されており、リベリア海事局に成り代わって、船籍登録手続き、抵当権設定登記手続き、各種証書発行サービスや技術サポートなどを行っています。民間会社が運営する強みを生かし、きめ細かく迅速な旗国サービス提供を実現しています。また、様々な取り組みを通じて、最優先事項である登録船のスムーズな運航を旗国として支えています。

リベリア船籍の主な取り組み

・電子旗国証書の導入
・PSC対策プログラムの実施
・Class NKとの戦略的協定の締結
・各種オンライン申請の環境整備
・入港税優遇措置を含む中国との協定締結

世界中に広がるリベリア船籍のネットワーク

リベリア船籍は、24時間365日休むことなく稼働する登録船をサポートするため、グローバルなネットワークを構築しています。全世界に28の本支部と450人を超える旗国検査官・審査官を配置し、24時間体制で、本船の動静に合わせた対応を行っています。

沿革

1948

リベリア船籍登録、米国国務長官Mr. Edward Stettiniusの支援により設立

1949

初のリベリア籍船WORLD PEACE登録

1959

IMOに創設メンバーとして参加

2000

LISCR, LLCがリベリア船籍登録プログラム(主管庁業務)の運営を受託

2006

世界で初めて電子証書を導入

2007

リスカジャパン株式会社設立

2010

登録船腹量1億総トンに到達

2011

Class NKとの戦略的協定締結

2015

登録隻数4,000隻に到達

2016

リベリア籍船の中国入港税優遇措置開始

2019

リスカジャパン今治事務所を開設

2021

登録船腹量2億総トンに到達

実績

全世界 (2020年末時点)

登録隻数:4,672隻

登録船腹量:185,962,404総トン

2021年に入り、登録総トン数が2億トンを突破!

全世界におけるリベリア登録隻数

2020年末時点
出典:Liberian Registry

世界フリートにおける旗国シェア

2021年2月末時点
出典:Clarkson’s WFR 01/2021