Marine Advisory

リベリア船籍(LISCR)リモート年次安全検査を実施

2020.04.06 Technical Information

昨今のコロナウイルス(COVID-19)による波紋は船舶検査業務にも及び、検査員を派遣する際に様々な制限に直面している。そのような状況の中、リベリア船籍の主管庁業務を手掛けるリスカ(LISCR)は最新テクノロジーを駆使し、旗国として初めて遠隔による年次安全検査(Annual Safety Inspection)を実施した。
リスカCOO・アルフォンソ・カスティジェーロ氏によれば、経験知識の豊富な検査チームによる実用的かつ現実的なソリューションにより船舶の安全管理を現場に負担をかけない方法で可能になったという。

具体的には、インターネットによるビデオ通信を介して船舶の乗組員と連絡を取り、年次安全検査のチェックリスト等必要書類、安全設備の状態や操練の実施状況などを確認し船舶の状態を検査する。

リスカとしてはこれからも安全運航を維持するための新しい手法を積極的に取り入れていく。


原文(英語):Marine Advisory: 04/2020


<本件お問い合わせ先>
リスカジャパン(株)
Tel: 03-5419-7001 / Email: info@liscr-japan.com